六甲アイランド食品工場

コープこうべ六甲アイランド食品工場の歩み

コープこうべの大規模な食品生産事業を支えている一つの柱、「六甲アイランド食品工場」。
1924年から続く自己生産の歴史は、何よりも安全な品質とおいしさへの挑戦の歴史でもあります。
そしてその歴史は、2003年4月、新しくコープベーカリーによって引き継がれています。
食品工場のすべての製造業務が新しくコープベーカリーに委託され、生産性の向上に
大きな成果を上げるとともに、 これからの発展に大きな期待を集めているのです。

1924 - 1954 自己生産の始まりから灘神戸生協の誕生1955 - 1987 消費者の"食の安全”への関心の高まり、省資源への取り組み1988 - 現在 六甲アイランド食品工場完成 コープベーカリーの設立
コープこうべ自己生産の歩み
1924年

●神戸消費組合・灘購買組合共同の醸造工場にて、みそ・しょうゆの醸造が始まる



1925年

●年末のモチつきが始まる

1932年

●製氷部開設

1939年

●生産部開設
●パン・菓子の生産を開始

1941年

太平洋戦争勃発

1945年

第二次世界大戦終戦

1948年

 

1949年

●戦争で中断していたパン・菓子の生産を再開