六甲アイランド食品工場

コープこうべ六甲アイランド食品工場の歩み

コープこうべの大規模な食品生産事業を支えている一つの柱、「六甲アイランド食品工場」。
1924年から続く自己生産の歴史は、何よりも安全な品質とおいしさへの挑戦の歴史でもあります。
そしてその歴史は、2003年4月、新しくコープベーカリーによって引き継がれています。
食品工場のすべての製造業務が新しくコープベーカリーに委託され、生産性の向上に
大きな成果を上げるとともに、 これからの発展に大きな期待を集めているのです。

1924 - 1954 自己生産の始まりから灘神戸生協の誕生1955 - 1987 消費者の"食の安全”への関心の高まり、省資源への取り組み1988 - 現在  六甲アイランド食品工場完成 コープベーカリーの設立
コープこうべ自己生産の歩み
1955年

森永ヒ素ミルク事件が起こり、消費者の安全への関心が高まる
●神戸生協が最新設備を 導入しパン工場を新築

 
1959年

●新鋭製パン機を導入し、自己生産体制を固める

 
1962年

●うどん・そばの生産を開始

●「神戸生活協同組合」と「灘生活協同組合」が合併し「灘神戸生協」となる

1966年

●とうふ・あげ類の生産を開始

1967年

●無漂白パンの生産を開始
●「アシヤベーカリー」オープン

●商品検査室を開設

1969年

●うどんの殺菌剤である過酸化水素の使用を中止

1971年

●こんにゃくの生産を開始

1973年

オイルショックによる物不足パニックが起こり、 省資源への取り組みが始まる
●豆腐の殺菌剤であるAF2の使用を中止

1975年

●納豆の生産を開始

1976年

●生ラーメンの生産を開始

1977年

●手造り豆腐の生産を開始
●食パン製造機「ランハム・システム」を関西で初めて導入

1978年

●パン生地改良剤から臭素酸カリウムを排除

1980年

●包装鏡もちの生産を開始

1981年

●コープ食パンに栄養表示を実施

1983年

●たまごとうふの生産を開始
●「きぬこし風コープとうふ」にニガリ(塩化マグネシウム)を使用